ベストなキャリアをつくり出す。―薬剤師のための転職支援サービス―

電話での登録・相談はこちら 0120-979-600 平日:9:30~20:00 土曜:9:30~19:00

職務経歴書の書き方

職務経歴書はフォーマットは決まっていないからこそ、書き方に迷う方が多いはず。職務要約や経歴だけでなく、自己PRの書き方のポイントもご紹介します。

自分の「強み」をアピール!職務経歴書の書き方指南

「自己PRは何を書けばいいの?」「志望動機がうまく書けない」「手書きじゃなきゃダメですか?」――など、履歴書や職務経歴書を作成する際、悩んでしまう方も多いようです。

そこで、「履歴書/職務経歴書の書き方が分からない!」という方のために、「履歴書」「職務経歴書」の基本的な書き方をご紹介します。
ここでは「職務経歴書の書き方」をチェックしましょう!

職務経歴書とは

履歴書で記載した職歴をさらに詳細に説明したものです。これまでの仕事で習得した知識やスキル、果たしてきた役割など、あなたの「強み」をアピールします。

職務経歴書には履歴書のようなフォーマットはありませんが、一般的に「編年体形式」(時系列に経歴を記載)と「キャリア形式」(スキル・職種別に経歴を記載)の2パターンに分かれます。 職種が固定されている「薬剤師」の場合は、「編年体形式」の方が書きやすいので、ここでは「編年体形式」で書き方のポイントを紹介します。

職務経歴書を書く際の基本事項

職務経歴書
1職務要約

これまでの職歴とそこで得たスキルを簡潔にまとめます。在職中の場合は、現職での業務内容にも触れましょう。一般的に200~300字でまとめることが多いようです。

2職務経歴

時系列に「在籍期間」「勤務先の企業・団体名」「業務内容」「人員体制」などを記載します。「業務内容」は、調剤業務(1日の処方箋数も記載)や服薬指導(担当科目)、薬剤管理、DI業務など、できるだけ詳しく書きましょう。また、管理薬剤師や店長、エリアマネジャーなど役職に就いていた場合は、その旨を記載します。
なお、時系列(古い経歴順)でも、新しい経歴順でも、どちらでも構いません。

3生かせる経験・知識・技術

これまで担当した科目や、知識、スキル、マネジメント経験などを簡潔に書きましょう。箇条書きにすると、要点が採用担当者に伝わりやすくおすすめです。

4資格

取得した順に書きます。薬剤師免許はもちろん、認定・専門薬剤師の資格もあれば記入します。

5自己PR

「職務経歴書」の一番重要な箇所です。「これまでのスキルや経験」「自分が応募企業で貢献できること」「入社後に挑戦したいこと」の3点をふまえて、「自分の強み」をアピールしましょう。「たくさんアピールしたいから」と要点をまとめずに書くのはよくありません。前述の3点を網羅するように300字程度でまとめましょう。

「職務経歴書の書き方」よくある質問

Q.「自分が企業に貢献できること」が分かりません。

A.「自己PR」の中でも「自分が企業に貢献できること」は、書き悩む人が多いようです。「履歴書」の「志望の動機」でお伝えしたとおり、「企業が求める人材」と「自分の強み」を合わせるのがポイントです。「企業が求める人材」はホームページなどをチェックします。一方、「自分の強み」は、これまでの仕事の実績やスキル、経験などをもとに導き出しましょう。

職務経歴書の書き方に迷ったら……

「履歴書」「職務経歴書」を書いたけれど、「うまく書けているか自信がない」「強みをアピールできているか心配」という方も、ご安心ください。「薬キャリAGENT」では、担当のコンサルタントが、皆さまの「履歴書」「職務経歴書」の無料指導を行なっております。
転職のプロが”受かる”書類づくりのサポートをしますから、ぜひご活用ください。

多くの非公開求人から担当コンサルタントがご紹介! 無料 薬キャリエージェントに登録する 転職相談だけでもOK!
無料 ご登録はこちら