ベストなキャリアをつくり出す。―薬剤師のための転職支援サービス―

電話での登録・相談はこちら 0120-979-600 平日:9:30~20:00 土曜:9:30~19:00

【薬剤師の転職】プロのコンサルタントに聞く「転職成功の3つのコツ」◎年齢別アドバイス付

転職成功の3つのコツ

「年収をアップさせたい」「もっとプライベートの時間を増やしたい」「多職種と関わる業務にもチャレンジしたい」など、薬剤師が転職をかんがえる理由はさまざま。とはいえ、「転職したいけど、成功するか不安」と考えている人も大勢いらっしゃると思います。
そんなあなたに今回は、日々多くの薬剤師と関わる薬キャリエージェントのコンサルタントが、「3つのコツ」をお教えします。ぜひこの記事をチェックして、希望通りの薬局・ドラッグストア・病院への転職を成功させてください!

薬剤師 転職成功のコツ① <希望条件に「優先順位」をつける>

「理想の職場ってどんなところだろう」と考えると、「年収が高くて」「残業が少なくて」「家から近くて」「同年代の薬剤師が多くて」……と、どんどん希望条件が出てきてしまうもの。すべて叶う職場があればいいのですが、なかなかそうもいきません。

そこでオススメなのが、あなたの希望条件に「優先順位」をつけてみる、というやり方。年収と通勤時間ならどちらが大切なのか、残業がゼロなら多少遠くても我慢できるのか……と、あなたの希望にひとつひとつ順位をつけていくのです。

どれも大切だから順位なんてつけられない」という方は、少し目線を変えて、(現在の職場で感じている)不満や心配事を別に書き出してみましょう。そうやって見比べることで、自分が本当に重視しているのがどこか、だんだんと明らかになってくるはずです。

優先順位がはっきりすれば、「何を重視して転職すればいいか」も明確になるので、転職先を選ぶのも随分ラクになります。優先度の高いものを叶えるために、それほど重要でないことは譲歩する、といった判断ができるようになるのです。

優先順位のつけ方がわからない、自分のつけた順位が正しいのか不安、という方は、薬剤師の転職のプロであるコンサルタントに相談しましょう。

薬剤師 転職成功のコツ② <コミュニケーションスキルを磨く>

「モノ」より「コト」の豊かさが重視されるようになった昨今、薬剤師の業務も「対物」から「対人」へとシフトしてきています。この時代、薬剤師にもコミュニケーションスキルが求められているのです。

「かかりつけ薬剤師」といった取り組みも活発化しており、患者から信頼を得られる薬剤師が高い評価を得るようになりました。また、コミュニケーションスキルがあれば、他の薬剤師や医療事務、あるいは医師ともよい関係を築くことができ、年収や待遇、あるいは勤務時間といった様々な条件交渉も有利に進めることができるでしょう。

そういうわけで、最近の面接は特に「コミュニケーションスキルをチェックする場」になりつつあります。

挨拶がキチンとできるか、言葉は聞き取りやすくハキハキしているか、会話のキャッチボールはスムーズか、といった部分を採用担当者は見ています。面接前に練習をするなどして、準備しておくとよいでしょう。

薬剤師 転職成功のコツ③ <積極性・学習意欲をアピールする>

「自分は調剤未経験だから」「最近は在宅医療経験がないとダメなんでしょう」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、会社としては現時点のスキル・経験以上に、あなたの「将来性」を見ています。

これまでのキャリアに不安があっても、未経験分野にチャレンジしていく姿勢を見せることが重要です。自ら学び自ら成長できる人だと判断されれば、経験分野が狭い人でも高い評価を得ることができます。

そういうわけで、最近の面接は特に「コミュニケーションスキルをチェックする場」になりつつあります。

とはいえ、入社後の行動が伴わないとトラブルの原因になるので注意してください。

20〜50代、コンサルタントが教えるそれぞれの転職成功ポイント

<20代> 経験の少なさは学習意欲でカバー!

ベテラン薬剤師には経験値では劣るため、「何でもやります!」「新しいことを勉強したいです!」という若さを活かした積極性を出していきましょう。学習意欲の高い薬剤師は評価されることが多いです。

<30代~40代> コミュニケーションスキルの高さをアピール!

経験の中で培ったコミュニケーションスキルがこの年代の武器。若手にはできない気の利いた対応をすることで、患者や同僚から一目置かれる存在になれるでしょう。ちなみに子育てと仕事を両立する場合は、家近の職場なら勤務時間を長めに、少し遠くいのなら勤務時間を短くする、といったやり方でバランスをとるといいでしょう。

<50代> マネジメント経験が活きる年代!

年齢的に、薬剤師の業務に加えマネジメントも任されるようになってきます。できればマネージャー職になる前に、現場でマネジメントのノウハウを学んでおきましょう。優秀なマネージャーを現場も求めているので、ここで実績を積んでおけば、定年後の働き方にも大きな差が出てくるでしょう。

まとめ

ということで、転職成功のための「3つのコツ」をご紹介しました。これらのポイントをしっかりおさえておけば、転職成功の可能性がグッとアップするはずです。

さらに実践的なノウハウが必要であれば、薬剤師専門の転職支援サービスを展開する薬キャリエージェントにぜひご相談を。プロの視点で、あなたの転職を支援します。

⇒お問い合わせはこちら

薬キャリエージェントで転職をした方の事例も紹介しております
⇒転職事例はこちら

多くの非公開求人から担当キャリアコンサルタントがご紹介! 無料 薬キャリエージェントに登録する 転職相談だけでもOK!