ベストなキャリアをつくり出す。―薬剤師のための転職支援サービス―

電話での登録・相談はこちら 0120-979-600 平日:9:30~20:00 土曜:9:30~19:00

case5 ママ薬剤師が活躍する調剤薬局でキャリアを積む

ゆったり働く 仕事だけでなくプライベートも充実!残業なし・土日休みでマイペースに勤務

Case5 ママ薬剤師が活躍する調剤薬局でキャリアを積む

形ばかりの育休制度に不安・・・。将来を見据えて転職することに

薬学部を卒業後、地元の急性期病院に就職し、外来患者の服薬指導や病棟業務など、病院薬剤師として幅広い経験を積んできました。チーム医療に力を入れている病院でしたので、医師や看護師、臨床検査技師などさまざまな人と関わりながらやりがいも感じていました。しかし、将来のことを考えると、このまま病院で働き続けるのはちょっと難しいかなと思う様になったのです。というのも、勤めていた病院では育休制度はあるものの、正直「形だけ」という状況で、妊娠や出産を機に退職する先輩も多くいました。また、夜勤や当直も体力的に厳しいなぁと感じることが増えてきて・・・。結婚したのを機に少しゆったりと、また出産後も長く働き続けられる職場に転職しようと決意したのです。
さっそく自分で求人を探しはじめたのですが、毎日仕事で忙しく思うように転職活動が進まないうえ、転職先で育休制度が活用されているかどうか、調べることもできませんでした。そこで、薬剤師専門の転職サイトという薬キャリエージェントに登録してみました。

コンサルタントに転職先の職場環境を調査してもらい安心して入職

コンサルタントの方によれば、病院よりも調剤薬局やドラッグストアのほうが、女性が働く環境作りに力を入れているとのことでした。そこで、調剤薬局やドラッグストアを中心に、求人を紹介してもらいました。転職先に求めるのは、産休・育休制度が整っているだけでなく、それが実際に活用されていること。しかし、求人情報を見ただけでは「どれくらい活用されているか、ママ薬剤師が活躍しているか」は分かりません。すると、コンサルタントの方が、薬局やドラッグストアにママ薬剤師の復帰率や職場でのママ薬剤師の比率などを薬局やドラッグストアにヒアリングしてくださったのです。紹介してもらった求人の中から、残業時間が少なくママ薬剤師が多く働いている職場に応募。無事に内定をもらうことができました。新しい職場は、育休から復帰する際に実務研修があるなど、サポート制度が充実しているので、ママになっても子育てをしながら安心して働けそう。その上、病院からの転職だったので年収もアップしました。在宅医療など初めての業務も多いですが、じっくりキャリアを積んでいきたいと思っています。 (女性・30代)

転職前:病院・正社員450万円 転職後:調剤薬局・正社員530万円 ママさん薬剤師多数の職場に!
多くの非公開求人から担当キャリアコンサルタントがご紹介! 無料 薬キャリエージェントに登録する 転職相談だけでもOK!