ベストなキャリアをつくり出す。―登録販売者のための転職支援サービス―

電話での登録・相談はこちら 0120-992-978 平日:9:30~20:00 土曜:9:30~19:00

目的別、登録販売者の最適な転職タイミング!

転職タイミング

「キャリアアップできる職場に移りたい」「子どもが生まれたので、残業時間を見直したい」など、転職を決意するタイミングや理由は人それぞれですが、転職には最適なタイミングがあります。
最適なタイミングを知るためにはまず、「求人が多く、転職市場が活発な時期」を把握することが大切。また、転職の目的と自身の年齢・スキル次第で、転職を急いだほうがいいのか、現職で研さんを積んだほうがいいのかが変わってきます。この記事を通して、自分にとって最適な転職のタイミングを見つけましょう。

登録販売者の転職市場は年に3回「山場」がある

登録販売者の転職市場は年間を通して一定ではなく、中途採用が強化される時期がある程度決まっています。
そのため、転職市場が活発化して求人の数が増えている時期に転職活動を始めることで、自分の転職の目的を達成できる求人と出会う可能性が高くなります。
では、1年間の登録販売者の転職市場の推移を見てみましょう。

求人数の大まかな推移

①2月~3月末

この時期は、多くの企業が当年度の目標達成や、翌年度の準備に向けて動いています。

そのため、

  • 年度内の採用目標を達成するための募集
  • 4月入社予定だった新卒の内定辞退の補てん
  • 来年度の出店計画に合わせた採用

などの理由から、中途採用に積極的になる企業が増える傾向があります。

②6月末~8月初旬

登録販売者に限った話ではありませんが、「ボーナスを貰ったら退職する」という人は毎年一定数います。
そのため、多くの企業は、ボーナス支給よりも前から退職者の増加を見込んで、登録販売者の中途採用を強化します。

③10月末~12月末

②と同様に、冬のボーナス支給前後も中途採用が強化されます。ただ、登録販売者業界は、他の業界よりも早い10月末から転職市場が活発化する点が特徴です。
なぜ10月末から中途採用が強化されるのか。それは「登録販売者試験の合格発表時期」が理由です。登録販売者試験は、地域ごとに毎年10月末~12月末にかけて合格発表が行われます。
そのため各社、合格発表のタイミングに合わせて未経験者枠の求人を増やして、人材確保に乗り出します。

登録販売者の目的別、転職のタイミング

続いて、転職の目的ごとに最適なタイミングについて理解を深めていきましょう。
企業側が求める人材と、自身の年齢・スキルがマッチしていることが大切です。

登録販売者の転職には、管理者要件の有無で待遇に大きな差がある

転職活動を進めるうえで、非常に重要なのが「管理者要件」を満たすことです。
管理者要件を満たすとは、簡単に言うと「直近5年間で2年以上の実務(業務)経験」を積むこと。これを満たした登録販売者は、店舗運営業務や第2種医薬品・第3種医薬品の販売ができるようになります。管理者要件の詳細は以下の記事をご覧ください。

登録販売者の転職市場では、管理者要件を満たした登録販売者の求人が中心。管理者要件の有無を問わない求人の場合、年収をはじめ待遇面で劣るのが現状です。
もし、管理者要件を満たしていないならば、転職を検討する前に、いまの職場で実務経験・業務経験を積むことをおすすめします。

①キャリアアップを目的とした転職

20代~30代前半の場合

一般的に転職は若いほうが有利と言われており、登録販売者業界においてもそれは当てはまります。
特に転職先の代表格であるドラッグストア業界は、若手でも早期に店長に昇格できるチャンスが多い業界です。
もしいまの職場が、業績悪化による事業の縮小や、新規出店数が少なくポストが増えないなどの理由でキャリアアップが見込めないならば、少しでも早く転職したほうがキャリアアップの近道と言えるでしょう。

30代後半以降の場合

30代後半以降でキャリアアップをめざす場合は、店舗運営の即戦力として働けることが求められます。
仮にいまの職場ではポストの数が少なく店長になれない状況だとしても、店長がどんな業務を行っているのか、どんなスキルが必要なのかを把握するため、積極的に店長の補佐業務を行うことが大切です。
また、20代~30代前半に比べると店長職へのキャリアアップをめざせる求人数は少ないため、求人が見つかった時にすぐ応募できるように登録販売者専門の紹介会社に希望条件を伝えておくと良いでしょう。

②ワークライフバランスを目的とした転職

ワークライフバランスを重視する登録販売者のなかには、「プライベートを重視したいから、管理者としてキャリアップするつもりはない」という人が少なからずいます。しかし、だからといって管理者要件を満たす必要はないと考えるのは大きな誤りであり、ワークライフバランス重視の人にとっても管理者要件は大切です。
なぜなら、パート社員の採用でも管理者要件を満たした登録販売者を優先する企業が多いからです。つまり、管理者要件を満たしていない時点で、ライバルに一歩出遅れてしまうのです。

また、ワークライフバランスが取りやすい求人は人気のため、応募が殺到することも珍しくありません。紹介会社を利用して、自分の希望条件を満たす求人が出次第、紹介を受けられるように、あらかじめ依頼しておくことも大切です。
なお、ワークライフバランス重視の求人は40代後半を過ぎると大きく減ってしまうため、将来を見越して早めに動き出しましょう。

③特定のエリアでの就業を目的とした転職

Uターン(出身地に戻って転職)・Iターン(出身地以外の場所で転職)など、特定のエリアでの就業を希望する場合は、まずはそのエリアの企業の募集状況を確認しましょう。

募集が出ているならば、締め切られる前に早めに応募することが大切です。ただし、事前に異動の範囲だけは確認しておきましょう。
近年は、異動・転勤を特定のエリア内に限定した働き方ができる企業が増えているものの、遠方や全国への転勤を求められる場合もあります。

④とにかくいまの職場を離れることを目的とした転職

いまの会社の方針や職場の人間関係と相性が悪く、「とにかくいまの職場から離れたい」という登録販売者もいるでしょう。
そんな人たちも退職届を出す前に、「管理者要件を満たしているか」を確認してください。特に、新卒入社した若手登録販売者は、管理者要件を満たすまで耐えることで転職先の待遇は大きく変わります。もちろん、日常生活に支障をきたすほど心身が深刻な状態になりそうならば、早めに退職するのも一手です。
管理者要件を満たすまで耐えるメリットとデメリットをよく比較検討して、転職に動き出すべきかを考えてみましょう。

登録販売者専門のコンサルタントが、最適な転職タイミングをサポート

登録販売者の転職は、転職する時期や目的によって最適なタイミングが変わってきます。登録販売者の転職市場は、ドラッグストア業界を中心に拡大傾向にあるため、今後自分の転職の目的を達成できる求人も増えていく可能性が高いです。
とはいえ、毎日仕事の合間を縫って、求人が出ているか探すのは手間だと感じる登録販売者も多いはず。そんな人は、登録販売者専門の転職コンサルタントを頼ってみてはいかがでしょうか。
あらかじめコンサルタントに希望条件を伝えておけば、自分にマッチした求人が出たタイミングで、すぐに紹介を受けられます。また、自身の今後のキャリアについて無料で相談することもできます。
登販エージェントでは、登録販売者一人ひとりの希望条件を踏まえて、最適なタイミングで最良の職場をご案内します。

多くの非公開求人から担当キャリアコンサルタントがご紹介! 無料 登販Agentに登録する 転職相談だけでもOK!